読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともログ

経済的自由をめざしていろいろがんばるブログ

家計簿分析(外食費)

早いものでもう2月になりますが、マイペースで昨年の家計簿の振り返りをしています。今回は外食費の分析をおこないました。

昨年は外食費として18万ほど使っています。その中から支払金額が大きいものを10番目まで家計簿から抜き出しました。以下が2016年の我が家の外食費ランキングです。

外食費ランキング

 店名回数支払金額
1位 マクドナルド 18回 12,710円
2位 コメダ珈琲店 6回 11,360円
3位 焼肉凱旋門 2回 11,360円
4位 星野珈琲店 4回 10,410円
5位 サンマルク 5回 10,275円
6位 びっくりドンキー 3回 8,015円
7位 ヴィドフランス 7回 7,409円
8位 ドトールコーヒー 5回 5,311円
9位 くら寿司 2回 5,248円
10位 はま寿司 2回 4,968円

まとめてみて驚いたのが、わたしの予想と実際の結果がかなり違っていたことです。夫と娘は回転寿司が大好きなので、ランキング上位に入るかと思っていたのですが、実際はそんなに行ってなかったんですね。そしてマクドナルドの訪問回数の多さが本当に意外でした。

ランキングに入ったお店は、よほど大きな変化がない限り、おそらく今年も行くでしょう。ですので上位5店について、どうすれば昨年よりも出費を減らせるか考えてみました。

(外食自体をやめることは考えていません。わたし1人であれば可能ですが、それを家族に押しつけるとギスギスしてしまいますから…。)

1位.マクドナルド

18回も行っていることにビックリしました。やはり子どもがいるとハッピーセットに釣られて行ってしまうものなんでしょうか…。マクドナルドについては、外食費削減のためというより、健康のために今年はせめて10回ぐらいに減らしたいですね。

2位.コメダ珈琲店

こちらは訪問回数は大したことがありませんが、1回あたりの単価が高いため支払金額が多いですね。株主優待を利用すれば出費を減らすことができますので、株式の購入を検討します。

3位.焼肉凱旋門

一時期、娘が冷麺にハマっていたため行ったお店です。彼女の冷麺ブームは過ぎ去っていますので、今年はおそらく行かないでしょう。

4位.星野珈琲店

星野珈琲店については特に優待などの割引がないんですよね…。コーヒーチケットを買う、ぐらいしか対策が思いつきません。

5位.サンマルク

カフェは4回で4,703円、レストランは1回で5,572円です。業態は違いますが同じサンマルクなので合算しました。サンマルクにも株主優待の割引がありますね。今年も昨年と同程度行くようでしたら、株式の購入を検討します。

最後に

家計簿を分析してみると、自分では思いもよらない発見があります。家計簿はつけているけど、つけただけで終わってるかな〜って方は振り返りをしてみてはいかがでしょうか、きっと面白いですよ。

湯たんぽで暖房費削減?

昨年秋に湯たんぽを買いました。買ったきっかけはキャンプです。我が家はキャンプが趣味でして、秋のキャンプの寒さ対策として買いました。

 

マルカ 湯たんぽ Aエース 2.5L 袋付 022524

マルカ 湯たんぽ Aエース 2.5L 袋付 022524

 

キャンプシーズンが終わりしまいこんでいたのですが、ふと「キャンプだけにしか使わないのはもったいないのでは?」と思い、家の中でも使ってみました。

予想以上にあたたかい!あなどれない湯たんぽ効果

我が家の暖房は床暖房のみです。12月まではそれでも十分なのですが、1月に入り冷え込みが厳しくなってくると、足もとがとても冷えるんですよね。足が冷えていると、重ね着をしてもなんとなく寒い…。

そこで湯たんぽの出番です。つま先に湯たんぽを置いてしばらくすると、つま先がじんわりと暖まり、足全体も暖かくなってくるのが分かります。さらに時間がたつと身体全体がポカポカしてくるんです!血流が良くなるんでしょうか。湯たんぽにそこまで期待していなかったので、正直驚きました。

そしてとてもエコ

朝に湯たんぽを温めると、夕方まで暖かさが続きます。夕方暖かさが物足りなくなってきたら、わたしは再度温めています。そして夜は布団の中に入れて、眠るときもぬくぬく。

わたしが買った湯たんぽはステンレス製なので、直接コンロにかけて温めることができます。

f:id:tomo-log:20170129173827j:image

熱湯を湯たんぽに注ぐタイプは、注いでいる最中にこぼしたりしそうで、不器用かつズボラなわたしにはハードルが高そうでしたので、直接コンロにかけられるこのタイプを選んで正解でした。

暖房費の削減につながるか?

我が家の床暖房はガスです。床暖房を使わない時期のガス代は2,000円〜3,000円ですが、床暖房を使い始めると途端に跳ね上がります。昨年のピークは2月で、13,000円ほどにもなりました。

湯たんぽを使いだしてから、昼間は床暖房を入れないでも過ごせるようになりました。実際にガス代が減るか、2月のガス代が判明したら記事にしたいと思います。

年賀はがきを切手に交換しました

使わずに余ってしまった年賀状、みなさんどうしていますか?わたしは郵便局に行って切手に交換してきましたよ。

ご存知の方も多いと思いますが、使わなかった年賀はがきは、手数料はかかってしまいますが、切手やはがきなどに交換できます。

 いくらで何に交換できる?

書き損じたはがきや郵便書簡、特定封筒(レターパック封筒およびスマートレター封筒)やご不要になった郵便切手等は、所定の手数料をお支払いいただければ、下記の表のとおりのものと交換することができます。書き損じはがきの交換 - 日本郵便

 主だったところは、

  • 切手 → 切手、はがき、郵便書簡、特定封筒
  • はがき → 切手、はがき、郵便書簡、特定封筒
  • 郵便書簡 → 切手、はがき、郵便書簡、特定封筒
  • 特定封筒 → 切手、はがき、郵便書簡、特定封筒

切手とはがきの交換のみかと思ってたんですが、けっこう色々なものに換えられるんですね。

手数料については「所定の手数料」となっていますが、わたしが年賀はがきを切手に交換した場合は、1枚につき5円がかかりました。封筒などに交換する時はまた違ってくるのでしょうか。

年賀状を購入したあとに喪中になったら?

以前から疑問に思っていたことがあります。年賀はがきを購入したあとに身内に不幸があった場合、その年賀はがきは全部ムダになってしまうの?

近親者のご不幸による服喪のため、ご利用いただけなくなったお年玉付き年賀はがき・寄附金付きお年玉付き年賀郵便切手については、無料で通常切手類と交換いたします。書き損じはがきの交換 - 日本郵便

無料で交換!してくれるんですね、ちょっと一安心。ただし、

無料交換期間は、お手持ちのお年玉付き郵便はがき等の販売開始日から販売期間終了日までです。書き損じはがきの交換 - 日本郵便

この条件から察するに、無料で交換できるのは、印刷などしておらずまったく未使用の場合のようですね。 

まあ、そもそも年賀状自体が時代にそぐわなくなってきているなと感じています。相手がいることなのでなかなか難しいですが、年賀状のやりとりそのものをなくしていきたいです…。

それはともかく、使わなかった年賀はがきがお家にある方は、切手などに交換して有効活用してはいかがでしょうか。交換する前にお年玉の当選結果の確認をお忘れなく。

自己管理を怠るとお金のムダにつながる

久しぶりに大きなミスをしてしまいました。

3月に娘の好きなアニメのライブがあるので、そのチケットを取っていました。取っただけで満足してしまったのでしょうか、スケジュール帳にライブの予定を入れるのをすっかり忘れてしまったのです。

そして、偶然にもライブと同じ日に娘のピアノの試験が行われることになり、真っ白なスケジュール帳を見たわたしは、うかうかと試験の申し込みをしてしまったのです。試験の申し込みにあたり当然受験料を払ったわけですが、こちら都合のキャンセルでは返金不可とのこと。

ライブのチケットもすでにクレカ決済が済んでおり、これも当然こちら都合のキャンセルは不可…。

というわけで、ライブか試験かどちらかをあきらめることになりそうです。

まあ、他の人に迷惑をかけるような事態になったわけでもなし、わたしが払ったお金をあきらめればいいだけなのですが、スケジュール帳にきちんと予定を入れさえしていれば、こんなムダ使いは発生しなかったわけで…。つくづく自己管理の重要性を思い知らされました。

スケジュール管理だけではないですよね。健康管理もそう、不健康な生活を送れば身体を壊し、医療費がかかる。整理整頓だってそうです、片付けをしなければ、買ったものがすでに家にあったり…。

お金を貯められる人は自己管理ができる人です。これを機にわたしもさらに自己管理を徹底しなければ、と痛感した出来事でした。

クロネコポイントでウェットティッシュをもらいました

クロネコヤマトクロネコポイントが貯まったので、ウェットティッシュをもらいました。

 クロネコポイントとは?

宅急便などを送っても受け取ってもポイントがたまり、たまったポイントを利用して、宅急便の運賃割引サービスや本キャンペーンでしか手に入らないオリジナルグッズなどと交換したり、海外旅行ツアーの抽選にご応募いただけるクロネコメンバーズのお客様限定のサービスです。
※個人の名前(フルネーム)で送られた、または受け取られた荷物に限ります。クロネコポイントのご案内 | クロネコメンバーズ

ヤマト運輸の会員サービス「クロネコメンバーズ」に登録すると、荷物の発送や受け取りなどでポイントが貯まります。受け取りでもポイントが貯まるのがいいですね。Amazonなどで買い物をするだけで自然とポイントが貯まっていきますよ。

わたしは普段荷物の発送はほとんどしないので、通販の受け取りだけでポイントを貯めています。その通販も送料無料で買うようにしていますので、ポイントを貯めるための出費はゼロです。

荷物を受け取るたびに10ポイント貯まります。(注:クロネコメンバーズ宅急便e-お知らせシリーズ|ヤマト運輸に未登録の場合は5ポイント)わたしは100ポイント貯まっていたので、ウェットティッシュと交換しました。

 今回もらったウェットティッシュがこちら。3コセットです。

 f:id:tomo-log:20170125144217j:image

たかがウェットティッシュといえども、買えば200円ほどしますから、ただ同然でもらえるのは本当にありがたいです。

これからもこのサービスは続いていってほしいなぁ。

 

はじめに

夫と小学生の娘との3人家族です。「お金のことを心配しなくていい状態=経済的自由」をめざして、日々節約や投資に励んでいます。具体的にはリタイア時に1年間の不労所得150万円が目標です。

なぜ150万円?

リタイア後の1年間の生活費をおおよそ300万円と見込んでいます。我が家がリタイア生活に入る約20年後は年金がもらえる保証はありませんから、可能であれば300万円の不労所得としたいところですが、300万円はハードルが高すぎるため、その半分の150万円としました。

150万円を得るためにいくら必要?

不労所得にもいろいろありますが、我が家は株式投資による配当金で不労所得を得ようと思っています。3%で運用と仮定して逆算すると・・・

5,000万円!

・・・できるかな?(^_^;)

長い長い道のりになりそうですが、ハッピーリタイアに向けて実現できるようにがんばります。

 

 

広告を非表示にする