ともログ

経済的自由をめざしていろいろがんばるブログ

年賀はがきを切手に交換しました

使わずに余ってしまった年賀状、みなさんどうしていますか?わたしは郵便局に行って切手に交換してきましたよ。

ご存知の方も多いと思いますが、使わなかった年賀はがきは、手数料はかかってしまいますが、切手やはがきなどに交換できます。

 いくらで何に交換できる?

書き損じたはがきや郵便書簡、特定封筒(レターパック封筒およびスマートレター封筒)やご不要になった郵便切手等は、所定の手数料をお支払いいただければ、下記の表のとおりのものと交換することができます。書き損じはがきの交換 - 日本郵便

 主だったところは、

  • 切手 → 切手、はがき、郵便書簡、特定封筒
  • はがき → 切手、はがき、郵便書簡、特定封筒
  • 郵便書簡 → 切手、はがき、郵便書簡、特定封筒
  • 特定封筒 → 切手、はがき、郵便書簡、特定封筒

切手とはがきの交換のみかと思ってたんですが、けっこう色々なものに換えられるんですね。

手数料については「所定の手数料」となっていますが、わたしが年賀はがきを切手に交換した場合は、1枚につき5円がかかりました。封筒などに交換する時はまた違ってくるのでしょうか。

年賀状を購入したあとに喪中になったら?

以前から疑問に思っていたことがあります。年賀はがきを購入したあとに身内に不幸があった場合、その年賀はがきは全部ムダになってしまうの?

近親者のご不幸による服喪のため、ご利用いただけなくなったお年玉付き年賀はがき・寄附金付きお年玉付き年賀郵便切手については、無料で通常切手類と交換いたします。書き損じはがきの交換 - 日本郵便

無料で交換!してくれるんですね、ちょっと一安心。ただし、

無料交換期間は、お手持ちのお年玉付き郵便はがき等の販売開始日から販売期間終了日までです。書き損じはがきの交換 - 日本郵便

この条件から察するに、無料で交換できるのは、印刷などしておらずまったく未使用の場合のようですね。 

まあ、そもそも年賀状自体が時代にそぐわなくなってきているなと感じています。相手がいることなのでなかなか難しいですが、年賀状のやりとりそのものをなくしていきたいです…。

それはともかく、使わなかった年賀はがきがお家にある方は、切手などに交換して有効活用してはいかがでしょうか。交換する前にお年玉の当選結果の確認をお忘れなく。