ともログ

経済的自由をめざしていろいろがんばるブログ

お医者さんに行くときはおくすり手帳を持っていこう

先日、お医者さんに行きました。

処方箋をもらったので、薬局へ行き薬を処方してもらいました。わたしはこの時うかつにも、おくすり手帳を持参するのを忘れてしまったのです。

おくすり手帳があると少しだけ医療費が安くなるんですよね。ご存知の方も多いとは思いますが、自分への戒めのため、どのくらい医療費の節約になるのか調べてみました。

おくすり手帳、あるとなしでは40円の差

管理指導料を、おくすり手帳を持参した場合は380円に引き下げ、おくすり手帳がない場合は500円に引き上げたのだ。差額は120円。手帳の有無によって、1割負担であれば10円、3割負担であれば40円の差が生じることになる(四捨五入で10円単位で計算)。おくすり手帳、薬局に持参しないと医療費が高くなる 2016年4月から

おくすり手帳を持参すれば40円安くなるんですね。今回のレシートを見ると確かに「薬学管理料:50点」となっています。おくすり手帳を持参すればこれが38点に下がるというわけですね。

f:id:tomo-log:20170207085314j:image 

ただし、いつでも必ず安くなるわけではない 

注意したいのは、管理指導料が減額されるのは6カ月以内に同じ薬局で調剤を受けた場合のみという点。6カ月以上来局していない場合や、別の薬局で薬を処方された時の管理指導料は、380円ではなく500円となる。

また、大病院の前などにある、いわゆる大型門前薬局と呼ばれる薬局などでは、管理指導料は500円となる。おくすり手帳、薬局に持参しないと医療費が高くなる 2016年4月から

これは知りませんでした!つまり、毎回毎回違う薬局へ行くのではなくて、かかりつけの薬局を決めなさいよ、ということですね。また、大きい病院で診察を受けた場合もその病院近くの薬局ではなく、かかりつけの薬局を使ってくださいね、ということですね。

わたしは今までおくすり手帳を持ってさえいればOKかと勘違いしていました。○○医院のときはその隣の△△薬局、××クリニックのときはその隣の□□薬局という感じで、行き当たりばったりで薬を処方してもらっていましたが、まったく節約できていなかったということですね(^_^;)。

これからはどこか1つの薬局に絞りたいと思います。最近はクレカや電子マネーが使える薬局も多いですから、そういった薬局を選べばさらに節約につながりますね。

スマホアプリのおくすり手帳ってどうなの?

なお、スマホアプリなどを使った「電子版」のおくすり手帳に記録をした場合、これまでは診療報酬には加算されなかった。しかし、4月からは紙の手帳と同等の機能を有する電子版おくすり手帳の管理指導料は、紙の場合と同様に扱われることになる。おくすり手帳、薬局に持参しないと医療費が高くなる 2016年4月から

紙の場合と同様・・・ということは、スマホにアプリさえ入れていればすべての問題が解決⁉︎ 外出するのにスマホはさすがに忘れないと思いますので、いま使っているお薬手帳がなくなったら、アプリ版を試してみたいと思います。

それでも忘れるのはイヤだから・・・

今回の反省をふまえて、100均で購入したポーチを使って「お医者さんセット」を作成しました。

f:id:tomo-log:20170212140655j:image

ポーチの中には保険証、診察券ファイル、おくすり手帳を入れています。ポーチの色を家族ひとりひとりで変えて、間違いないように、分かりやすく。

これで急にお医者さんに行くことになっても慌てずにすみそうです。(っていうか、どうして今までこれを作らなかったんだろ?)

まとめ

  • かかりつけの薬局を決める
  • おくすり手帳を忘れずに!

ですが、最大の節約は健康管理に気をつけて病気にならないようにすること、ですね!(言うのは簡単ですがこれが一番難しい(^_^;))

また、おくすり手帳以外にも医療費を節約できることがあります。よかったらこちらもご覧くださいね。

tomo-log.hatenadiary.jp